活動報告・知って頂きたい事
ピックアップ画像
358 ちょーさん
358 ちょーさん
2017/11/3   POPLAR
もふっこ・ひだ とは
もふっこ・ひだは、岐阜県飛騨地区を中心に、新しい里親さんを待っている犬や猫たちの保護活動を行っているボランティア団体です。市民団体登録が完了して、高山市の後援を受けることが出来ることになりました。このサイトでは、新しい家族を一時預かり宅で待つ動物たちの詳細な情報、写真をリアルタイムに掲載しています。

このサイトの記事・写真等の、里親さん探しにご協力頂ける以外の目的での無断転載・2次利用を禁止致します。
Facebookもご覧ください
リンク
 
トップ  >  身の回りの生き物 現代の心配事

 止まらない殺処分・・・

「殺処分」 食用でもなんでもなく、ただ殺してしまうという行為。

なぜこのようなことがおきるのでしょう。

保健所に引き取られる数は、犬約47,000頭、猫約90,000頭。その15%前後が家庭から直接持ち込まれるものです。(H27年の環境省データより)

望まれて家族になったにもかかわらず、引取りのうち20匹中3匹は、飼い主の手で連れていかれている状態です。

これは、「迎える前の知識・準備不足」「見通しの甘さ」「高齢化」「家族の協力が不十分」などが主な原因と考えられています。

 改正動物愛護管理法の主なポイント

  • 終生飼育の徹底(飼い主・業者共)保健所はこれに反する引き取りを拒否できます

  • 業者による適正な取り扱い推進(対面説明、幼齢販売禁止など)

  • 罰則の強化

    ■愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者

     →2年以下の懲役または200万円以下の罰金

    ■愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
     → 100万円以下の罰金

    ■愛護動物を遺棄した者
     → 100万円以下の罰金

 ペットを『買う』とは・・・

殺処分の数は、まだ8万匹を超え、単純計算でも、毎日240匹。加えて、流通途中で25,000匹が死亡(朝日新聞)、ブリーダーでの数を足すと、恐ろしいことに。

それなのに、流通はここ1年で10万匹増。これでは、ダブついてしまいますね!

また、商品の宿命として、売れ残り、出産率が悪くなった、見た目が悪い・・・という個体に価値はありません。

飼育費は、健康体でも犬(寿命12年として)約145万円。猫(寿命10年として)約80万円と試算されています(ペット保険)

残された子を終生飼育するのは難しいでしょう。彼らはどうなっているのでしょうか?

 直面した問題!

 飼えなくなった! 

  • 入院、死亡で取り残され、他の家族が引き継げない。
  • 不適切な飼育で、咬む、懐かない、触れない。
  • 離婚、引っ越しで連れていけない。

<対応>⇒ 話し合い、里親探し、訓練施設へ、終生委託など。

 増えてしまった! 

  • 避妊手術をしていなかった。
  • 自分の所有物でないから、放っておいたら子供を産んだ。

<対応>⇒ 里親探し、親の避妊手術、地域猫の推進。

 不適切な飼育実態

  • 古い経験や誤った方法で、間違ったしつけをする。
  • 種の特性を理解しない、一方的な期待や飼育方法。
  • 家族の反対を押し切って買う。
  • 経済困難や、認知症など福祉支援が必要なケース。

<対応>⇒ 専門機関、親族と共に対応

 禁止ワナの使用

  • とらばさみ・くくりワナは狩猟での使用禁止!でも、まだ普通に使っている地域があり、猫などが被害に

<対応>⇒ 行政・警察への届出。被害猫の保護治療

 

 同じ場所に遺棄される

<対応>⇒ 保健所・市役所と情報共有、対策策定中

 不適切な説明に基づく購入

  • 対応の難しい犬種や、大きくなる犬種を「簡単」「エサを減らせば大きくならない」などという言葉で購入させる。

 現代の飼い方はこんな風!

     オシッコやウンチはおうちで済ませる(犬)

  • 近所迷惑にならない。
  • 家のトイレでいつでもできるので我慢させなくて良い。

   避妊手術をする

  • 自分で飼育できない命を増やさない。
  • 穏やかになる。
  • マーキングをしない・減る。
  • 発情、出産育児のストレスから解放。
  • 前立腺や子宮の病気になりにくい。

   室内で飼う <猫は完全室内飼い必須>

犬:

  • 群れの生き物なので、人と同じ空間に暮らす方が自然。
  • きずなも深まり、健康管理がしやすい。

猫:

  • 縄張りの生き物で、外に出す=パトロールをさせることに。
  • 一度出すと、行かなければならなくなる。
  • 外では感染症、事故、迷子のリスクが非常に高い。
  • 近隣トラブルの防止。
 

   迷子札・マイクロチップ必須(災害時対策・同行避難準備)

  • 室内飼いでも必要! 
  • 災害時には家に帰れる重要な手段!

→ペットの災害対策について 詳しくはこちら

  

プリンタ用画面
友達に伝える
前
2016年活動・収支報告
カテゴリートップ
もふっこ・ひだについて
次
動物と共に幸せに暮らすには