岐阜県飛騨地域(高山市及び周辺)で、犬や猫などの保護活動を行っているボランティア団体です。

☆子猫シーズン第二弾!

やってきました秋の子猫シーズン!!
毎日複数の保護依頼でてんてこ舞い。

寒暖差が激しく、特に寒さに弱い猫にとってはツライ時期になってきました。
親から離れた子猫はひとたまりも無い・・・
お母さんも今年2度目か3度目の出産で体も疲れてる。

春とは違いカエルや虫たちも一気に少なくなって、外の子にとっては厳しい季節になります。

お腹をすかせた子が、人の家に頼り始める頃。
10月末には、ご飯をもらっていない外猫たちは衰弱してしまいます。

昔のようによりどころがなくなってしまった外で暮らす猫たち。
「猫は自然でしょ?」が成り立たない世の中です。

不憫に思えばご飯もあげたくなるというもの。
「えさやり禁止」は
イコール 野良猫対策に有効
ではありません。

思いやり深い隣人と、小さな生き物。
暖かい関係でいたいですね。
問題は、増えることと、生きるためにエサを探したり排泄場所を求めること。
ならば、
「避妊手術」「ご飯の提供」「トイレの設置」「寝場所の確保」
これだけで、迷惑をかけることもなく、暖かい関係で共生できます。
これが「地域猫」

小さな命を慈しむ社会は、人の弱者にも暖かい安心な社会ですよね。

十五夜を眺めながらそんな社会を願ってみました(^○^)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。