岐阜県飛騨地域(高山市及び周辺)で、犬や猫などの保護活動を行っているボランティア団体です。

☆★春って・・・☆★

日差し! 力強くなりましたね(^O^)
何より日が長くなったのが嬉しい♡
雲一つ無い快晴にひこうき雲・・・
空が帰ってきた気がします!

新たな生活へ切り替えの時期でもありますね。
そして、うきうき気分と裏腹に、体調や精神的な不調がでやすい季節でもあるようです。

最近のご相談傾向・・・

1.高齢になって、犬猫の世話ができない・・・猫が居るとヘルパーさんが来てくれない。
2.体調不良で飼えなくなった。
3.ペットの世話をしていた子供の進学で世話する人が居ない。

など、体調と生活の変化で飼えなくなった・・・が一気に増えています。

1.の場合は、高齢家族だけでは解決できないので、親族や周りの方の関わり方が重要になりますね。
また、子供の代わりのように、家族として暮らしてきた犬猫を思う高齢者の気持ちに寄り添う解決も大切です。
避妊手術をせず猫が増えすぎてしまった、おじいちゃんにしか懐かない犬を他の人が世話できない・・・。
まずは、避妊手術。これは、増えないことはもちろん、荒い犬を穏やかにするためにも必須です。
その上で生活の再建を話し合うことになりますね。

2.これも1.のように、ケースに応じて対応が必要です。
どちらも、最も重要なのは、
15年以上生きる犬猫を世話し続けられるのかをよく考えて飼うことが大切です。
高齢両親がさみしくないように、と犬猫を勧めるお子さんがああります。その時は、もし飼えなくなったらご自分が引き継ぐ、どうかそれを前提にお考えくださいね。
その「時」は、いつになるかわかりません。10年後のつもりが、数週間でということもあるんです!
誰も居なくなった部屋で、食べ物もなく置き去りにされた子をたくさん見てきました。

地獄絵図です。
頼りのおじいちゃんが突然居なくなって、怖くて怖くておびえたまま、保健所に連れて行かれる子も居ます。
そして、「保護団体なら引き取るのは当たり前」と、だめなら捨てる、と連絡してくる方もあります。
「だれかもらって~」とたらい回しにされる子。
中には、料金を払えば引き取る「引き取り屋」に渡してしまうケースもあります。この場合は、命の保証はありません

3.の場合。子供さんがほしがるから、と与えたケース。
欲しいと思ったとき、子供さんは本気で「世話をする」といいます。
でもそれは、先々を見越しての判断ではないですよね。
家庭内で世話をするルールを作るのはいいのですが、命に対して責任を持つのはあくまでも親です
子供が世話をしないなら処分していいものではありません。
飼うと決めるのは、親自身です。(これは高齢者でも一緒ですね!)
子供は、親が大切に育てる姿を見つづけることで始めて、大人になったときに実行できるようになります。
育てたように、子は育ちます。

そして、その介護を受けるのは親なんですよ~
捨てる、放置する、虐待する・・・すべて親自身に返ってくると言う気がしませんか(・o・)?

ちょっとマジメなことを書いてみました(o^^o)

ペットブームの今、とにかくたくさんの問題があふれています。
そして、保護犬猫がクローズアップされるとともに、暗躍する業者も出てきています。

*ネットにあふれる引き取り屋や、個人譲渡は要注意です*

私たちは「引き取り」を目的にしていません
馴染んだご家庭内でいかにして幸せにすごしてもらえるか、その為に一緒に考えています。
やむを得ない事情で、引き取りが必要なときも、飼い主さんにもできるだけの努力をしていただくことが前提です。
一人で考えていては出口がなくても、多くの事例からいっしょに考えることで解決すると、手放すよりも喜んでいただけることもあるんです。
私たちの活動は、相談と、やむを得ない場合の里親捜しのお手伝いです
どこからも援助のない、一般家庭の普通の人間が協力しているボランティアです。
預かった子は、すべて家庭内で保護しています。そんなには入らないんですよ~~
家庭の雰囲気の中で大切にされ、人との信頼関係を作るので精一杯。衰弱した子、後遺症を持った子、乳飲み子・・・
里子にいけない子が残れば、緊急の子を受け入れることも不可能になります。

まずは、飼い主さん、勇気をもって相談してください、そして改善を目指しましょう
新たに飼う方は、終生ともに暮らせるかどうか覚悟をもって迎えてくださいね
ちなみに それぞれ生涯にかかる飼育費は、犬で130~150万円、猫80~100万円だそうですよ(‘_’)
避妊手術、ワクチンや医療費、室内飼いそれら現代では,必須とされている飼い方。
動物愛護法にてらした飼育方法。

いやぁ大変ですね!
責任とともに考えてみましょう~

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。